「月への道-The Greatest Adventure-」を楽しんでいただいた人へ

タカハシのもっと星を楽しむおはなし

「月のオリンピック」



月でオリンピック? そんな未来をNASAが描いた記事(2006/8/2)を紹介するね☆
もし月で冬季オリンピックが行われるなら、どこだろうか? それはもちろん、月のアルプスだ。

それは時間の問題だ。いつの日か冬季オリンピックが月で行われるだろう。

月の塵で覆われた坂は、スキーをするにはちょうどよい場所だ。さらさらした粉のような砂もたくさんあるし、
何より重力が小さい。1/6の重力なら、スキーやスノーボード選手たちは地球上では想像するだけだった技を
見せることが出来るだろう。後方4回宙返り8回ひねりはどうだ? 心配ご無用。着地の失敗もゆっくりだから、
ほとんど怪我をすることはないだろう。

さらに、オリンピック村に最適の場所がある。プラトン・クレーターだ。知らない人が多いかもしれないが、
プラトンは古代ギリシアの哲学者というだけではなく、オリンピック優勝者だった。パンクラティオン−
ボクシングとレスリングを合わせたような競技−で、彼は2度優勝している。このプラトンの名前がつけられた
クレーターは、選手たちにとってふさわしい場所だ。クレーターの平たい底には、建物を建てられる。さらに
イタリアのトリノのように、プラトン・クレーターはアルプスに近い。
といっても、月のアルプスにだが。

月のアルプスは、ヨーロッパのアルプスにちなんで名づけられた月の山脈の一つだ。高さや見た目で、両者は
よく似ている。近代オリンピックが1986年に始まって、ほとんどの冬の競技はアルプスで行われてきた。
月でもそうしよう。

月のアルプスは、小さな望遠鏡でも見ることが出来る。日が沈んだら外に出て、月を見上げよう。
オリンピック村のプラトン・クレーターは雨の海の北側の岸にあり、暗い楕円。肉眼でも十分見ることが出来る。
そうしたら、望遠鏡を向けてみよう。まずはアルプスからだ。アルプスは雨の海のへりに沿ってプラトンから
アルペン渓谷を通り、モンブラン山へとのびている。

地球のアルプスは、百万年以上かかって作られた。プレート・テクトニクスにより、地殻がぶつかって押し上げられ、
山が生まれた。幅はフランスからイタリアを通り、アルバニアにまで達する。一番高い山がモンブランで、4800mだ。

月のアルプスは、およそ4億年も前に巨大な小天体が衝突して形成された。その衝突は雨の海をふっ飛ばした−
雨の海は、「海」ではなく巨大なクレーターである。アルプスはその衝撃の「しぶき」である。

その当時は、月のアルプスは地球のアルプスと同じように荒っぽい、ごつごつした山々だった。しかしその後の
長い長い間に、彗星が容赦なく月に降り注ぎ、岩は粉々に砕け、尖っていた山の頂上は丸くなった。今日の月の
アルプスは、地球のに比べて少し低く(月のモンブランは3600mの高さしかない)、大分なだらかで−
オリンピックにはふさわしい。

さぁ、ゲームの始まりだ。

NASAが描くこの未来、現実になるのはいつかな?

★ もどる ★